トップ / 歯科に近づく為のハナシ

歯科に近づく為のハナシ

歯科って実は役立つ

歯科医院での歯磨き指導

歯医者さんと言うと、虫歯になってから治療に行く所というのが一般的です。虫歯ができてしまった所を削ったり、詰め物をする所という考えです。しかし最近、その考え方に変化が見られ、予防歯科の流れがみられる様になってきました。虫歯ができたり、症状が出てから治療するより、虫歯ができない様にケアしましょうという考え方です。歯科医院でも従来の古い考え方からの意識改革が起きています。具体的な予防方法の内容として、自分でできる正しい歯磨き指導が挙げられます。また、歯科医師が予防の大切さを詳しく教えてくれる様にもなりました。

予防歯科で歯と歯茎を守ろう

虫歯になったり歯が痛くなってから行くところだった歯科医院も、今は随分と変わってきています。虫歯や歯周病から守るため、定期検診で早期発見をしたり歯磨き指導などを行う予防歯科を重視するようになっています。予防歯科の内容は、虫歯や歯周病をできるだけ作らず、年齢を重ねても自分の歯でおいしく食べられるようにすることで、その人の歯並びや歯茎の状態に合わせて歯ブラシを選んだり、磨き方を指導してくれます。歯科医院で教わった磨き方を家で実践することで、自分では実感がなくてもプラーク除去ができて歯や歯茎を守っているのです。

↑PAGE TOP