トップ

歯科に触れられるキホン

歯科の学習は役立つ

歯科の新しいジャンル予防歯科

歯科医院は治療の必要に迫られてから行く所と考えている人が多いのですが、普段から定期的に受診することで大がかりな治療を避けるための予防をすることができます。予防歯科は、そんな口の中の健康を維持するための歯医者さんです。予防歯科では、最初に口の中の状態を正確に把握するための口腔内診査を行ないます。この検査の内容は、歯科用のレントゲンで口腔内を撮影したり唾液の検査などです。唾液の検査は、口の中に常在する細菌の数やバランスを調べるために行なわれます。むし歯や歯周病はいずれも細菌感染が原因の感染症なので、どの原因菌が多いか少ないかによって適した予防方法が変わってくるからです。口腔内診査の結果を分析するとその人のリスクがわかりますから、そこに焦点をあてた予防プランを提案してもらえます。

予防歯科とはどのようなものか

とくに歯はいったん抜けてしまうと再び生えてくることはありません。歯科のなかでも予防歯科とは虫歯の治療ではなく、治療しなくてもいいようにむし歯・歯周病を予防するためのものです。もしむし歯や歯周病があっても重症化するまえに早期発見・早期治療が可能です。予防歯科の内容として口腔内診査やかみ合わせのチェックなどがあります。それだけではなく専門の器具を使ってクリーニングを受けることもできます。口のなかを清潔な状態に保てます。通常の歯みがきでは落とせない汚れも除去することができ、予防には効果的です。虫歯で歯科にいかなくていいように診察をうけることをおすすめします。

↑PAGE TOP